兵庫県町議会議長会

>
局長・職員研修会3

 

 

1/31 第3回 議会事務局長・職員研修会

 

 1/31(火)、第3回議会事務局長・職員研修会を開催しました。

 今回は、2015年9月に竣工した太子町の新庁舎・議会視察研修ということで、各町議会事務局から24人が参加。

 全員協議会室にて、中島副議長さんのご挨拶をいただき開会の後、八幡充治経済建設部長より庁舎の概要説明を受け、庁舎内を見学しました。

 新庁舎のコンセプトは「太子の環(わ) ~人が集う まちをめぐる 太子がつながる~」ということで、町民の皆さんが気軽に利用できるくつろぎの空間を設け、各所に緑や和の素材を取り入れることにより、明るく落ち着いた庁舎となっていました。

 

        新庁舎のご案内

 

  

         行政棟へ向かう通路              エントランスから入ると窓口カウンターがある

 

 

 特に、議会棟では円形の議場に光が挿し込み、2階席から傍聴できるようになっていて、オープンな議会という雰囲気でした。

 また、庁内数ケ所に議員出退表示板があり、行政ゾーンでも議員さんの登庁を確認することができます。議場内では最新の議場システムを使い、事務局が投票受付、録音、録画を行っています。表決の際は議員各自でマイク下のボタンを押すと、システムが集計を行い、結果が電光掲示板に表示される仕組みになっています。   

 

 これらの取り組みは、新庁舎建設調査特別委員会を中心とした議会からの意見も大変多く取り入れられています。

 ただし、建設にあたっては、内部・外部の検討委員会を立ち上げて、住民説明会も10回程度行いましたが、なかなか新しい考え方(コンセプト)が理解してもらえず、意見の統一には大変苦労したということです。

   

 

     

            議員出退表示板                 事務局が操作する議場システム

 

   

 円形の明るい議場(左上は表決結果も表示される電光掲示板)            

 

  

     2階の傍聴席①・議員ロビーとしても使用       2階の傍聴席②・閉会中は美術品の展示にも活用