兵庫県町議会議長会

サイト内リンク

 

 

 

 
 

 

西川 誠一

(香美町議長)

 
 「議会が変われば
   町が変わる」
 
 
 昨今の地方議会を取り巻く環境は必ずしも良好とは言えません。議員報酬の低さなどが原因で議員のなり手不足に拍車をかけており、議員定数削減の声が各地で出ています。議会不要論まで出る始末です。
 香美町も2005年の4月に3町が合併して以来、町議選が4回行われましたが、そのうち2回は無投票でした。過疎化、人口減少、産業の衰退など問題、課題が山積する町であっても、町民は町政に無関心なのか、議会に無関心なのか、また議員に魅力を感じないのか推測できません。このような現状を打破するために、いまさらながら議会の責務や議員の仕事、役目をもっと町民に知っていただくことの大切さを実感しています。また報酬等の環境整備も必要であれば議論すべきです。加えて個々の議員の資質も問われているような気がします。
 議会が町民に寄り添い、町民の声を十分にくみ取ることにより二元代表制の本来ある姿を取り戻すことができれば、町民の議会への関心も増え活発な議論が展開されることと信じています。
 「議会が活力を失えば町も活力を失う」という信念を心に刻みながら開かれた議会を目指し、町民の代表であることの自覚と気概で議会を運営できれば香美町も良い方向へと導かれるでしょう。

バックナンバーはこちら