兵庫県町議会議長会

サイト内リンク

 

 

 

 
 

 

神吉 史久

(播磨町議長)

 
「新たな脅威と戦う年に

 

 2020年は東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、世界中がアスリートやパラアスリートの活躍に興奮し感動しているはずでした。しかし、新型コロナウイルス感染症が全世界に広がり、全世界が新たな脅威と戦う年となりました。
 日本では、学校の長期休業や4月から5月にかけての緊急事態宣言の発令など、社会・経済に大きな影響がありました。また、7月になりPCR検査の陽性者が増え、全国的に感染者が増加しています。
 命を守る感染拡大防止のためには、社会活動を抑制する必要があります。一方で、生活を守るためには抑制しすぎないことが求められます。この両者をどの様にバランス取るか、非常に難しい状況が続いています。
 このような状況の中で、地方議会は各地域の実情に応じた対策をどう行うかスピード感を持って対応しなければなりません。そして、この感染症の影響は今後数年続くことが予想されます。その影響を最小限に抑えながら、議会の役目である住民福祉の向上に努めてまいります。

バックナンバーはこちら