兵庫県町議会議長会

サイト内リンク

 

 

 

 
 

 

会長 中井 勝

(新温泉町議長)

 
 「新年ご挨拶」
 

 

 昨年は、ラグビーワールドカップにおける日本代表の大活躍が、日本中を熱狂の渦に巻き込み、その精神に感銘を受けた人が多かったと思います。本年は東京オリンピック・パラリンピックが開催され、世界の注目が集まります。社会の閉塞感や政治の淀みなどが払しょくされ、明るい社会に転換されることを強く期待しているところです。

 さて、20年前の2000年、地方分権一括法が施行され、国が持っていた権限や財源の一部が地方に移され、住民にとって身近なサービスは各自治体で決められるようになりました。介護保険制度がスタートしたのも同年です。大きな社会の転換があり、「地方分権」が叫ばれてから、はや20年になります。
 一方、町では人口減少や高齢化は、県下12町の状況に差異はあるものの都市部と比べて大きく先行しており、多くの行政課題を抱えていることは共通しています。地域のことは地域が責任をもって決める、このことこそが議会に課された重要な責務であり、地方分権の基本です。さまざまな課題の解決には、今まで以上に危機感とスピード感をもって取り組んでいくことが求められており、ますます議会の持つ役割への期待が高まっていると思っています。
 町議会は、町民の皆様の声をしっかりお聞きする中で、行政と真摯に議論を重ね、ともに知恵を出し合って、将来を見据えたまちづくりに取り組んでいかねばなりません。町民の皆様の負託に応えるため、ONE TEAM(ワンチーム)となって、no side(ノーサイド)の精神で、努力していかなければならないと決意を新たにしているところです。
 県下12町の議会が連携し、地域の実情に応じて特色ある町づくりが進められますよう尽力してまいります。本年も町議会議長会へのご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

バックナンバーはこちら